測量部門 | 設計部門 | 調査部門 | 補償コンサルタント

大屋ハイテック 設計部門

設計部門

道路や防災施設の工事をする前に、その土地の状況,工事のやり易さ,予算などを考え、図面の作成や材料の数量計算などを行います。
また、その道路や防災施設が必要な理由や、形・大きさを決めた理由などをまとめた報告書も作成します。

大屋ハイテック 道路の設計 道路

新しく道路を作るとき、または今ある道路を改良するときに、使う人の安全や便利さ,車の走り易さ,景観とのマッチ,環境への影響などを考えながら設計します。

大屋ハイテック 森林土木 森林土木

山裾の町を守るための防災施設や、森林を整備するための道を作るときに、周りに暮らす人の安全、森林の管理のしやすさ、自然への影響、山や森が持っている水を蓄える機能などを考えながら設計します。

土質・基礎

道路やダムなどの土木構造物や建物を作るときに、その土地の土質や地中の状態を調べ、基礎の種類や形を設計します。

河川・砂防

山や川にダム,護岸,擁壁などの防災施設を作るときに、災害を防ぐこと、災害が起こっても住民や住民の財産を守ること、土地を有効活用することなどを考えながら設計します。

農業土木

農業に関係する水路や道路などを作るときに、そこで必要とされるものを十分に把握し、農業の発展や環境への影響などを考えながら設計します。

鋼・コンクリート構造物

鋼材やコンクリートを使った橋やダムなどの構造物を構築・改修する際に、その場所に見合った形や構造とすることや、寿命を伸ばすことなどを考えながら設計します。

都市・地方計画

その町の文化や景観を活かすことや、将来の使われ方、暮らしやすさ、安全性などを考えながら「まちづくり」のお手伝いをします。

施工計画・施工管理

土木建設工事において、安全で効率的な工事の方法や手順を決定します。また、道路や構造物を作る位置を求めたり、工事の安全、工程、品質、出来高の管理なども行います。

大屋ハイテック株式会社 ページトップへ戻る